娘の歯が大変なことになっていた

小学三年の娘が今日、学校からプリントをもらって帰ってきました。どうやら、歯科検診をしてきた結果のようです。元々歯並びが悪い上に小さい頃は噛み合わせが逆だったこともあり、虫歯ができやすい娘ではあるのですが毎日歯を磨いていたのに何でだろう?と思いながらプリントを見てみました。

乳歯に問題がある、歯石が溜まってるとかいてあり、虫歯があるとは書いてないので娘に確認してみました。すると、ずっと歯茎に白いものがあって口内炎ができていたんだと思っていたところが実は歯が生えていたようなんです。

「ここ硬いんだよねー」と言われ、何でもっと早く言ってくれないんだと思いながら私もいけないなと後悔しました。歯茎の下にはもちろん乳歯がまだ生えていてグラグラもしていないし、抜ける気配が全くない状態です。

このまま完全に大人の歯が生えてしまうのはマズイので急いで歯医者さんに予約の電話をしました。学校からプリントをもらってきていることを伝えると明後日の予約をしてくれ、娘には多分乳歯は抜くことになると思うと伝えると泣き出してしまいました。

前回は乳歯が虫歯になっていて、大人の歯が生えそうになっていたため麻酔して抜いてもらった時のことを思い出したようで「麻酔が嫌だー」とずっと泣いていました。それでも、そのまま生えてくる方が嫌だし、学校からのプリントは治療しましたにして返却しなくてはいけないので何回も説明をして納得してもらいました。

一人で行かせるのは可哀想なので、ついでに妹の予約もとり道連れにしようと思います。虫歯ではないけど、治療に時間がかかりそうなので何回も歯医者さんに行くことになりそうです。

私も歯並びがおかしいので小さい頃はよく歯医者さんに連れて行かれたことを思い出し、歯並びが悪くて虫歯になりやすいのは遺伝かと思うともっと違うところが似て欲しかったなと思いました。今ですら泣いているので当日歯医者さんで泣かれないかと思うと今から憂鬱です。

千葉おすすめ歯医者

保存